子供たちからの声

このサイトは、紀藤弁護士・HTPのメンバーたちのために、言われもない虐待の疑いをかけられた子供が、
日本中の沢山の人々に真実を伝えるために、立ち上げました。
また、この事件のように法律を利用した事件について考えていくサイトです

Profile
自己紹介

公開陳述書

経緯・おさらい
過去の経緯・まとめ

メッセージ集

LINK
関連サイトリンク集です

メッセージボード
休止中です

サイトマップ

トップページ>公開陳述書

第2-3

4 私は、お母さんから「お父さんは病気になっちゃって、今病院に居るんだよ。」と言われていたのですが、幼かった私は、お父さんがどんな病気なのかも、何もわかってはいませんでした。
私達は、毎日のように病院へお見舞いに行きました。
病院の売店で私と弟はお菓子を買い、お父さんに封を開けてもらったり、お父さんと一緒に焼きプリンを食べたりして、とても楽しいお見舞いでした。
私にはお父さんは、いつもの元気なお父さんにしか見えなかったので、絶対にお父さんは帰ってくると信じていました。
あれだけ、身体が大きいお父さんだから、すぐに良くなる、また一緒に遊べる、お父さんは絶対に良くなると信じて疑いませんでした。
しかし、実際はお父さんの病気は本当に酷く、もはや手遅れで治る可能性はほとんどなかったそうです。
お母さんの話では、主治医の先生に、何か治療法はないのか、と相談しても「良くなる可能性はほとんど無い。」と言われてしまったそうです。「では、私の肝臓の一部を取って移植できないのか。」とお母さんは聞きました。
でも「ご主人のがん細胞はたいへん範囲が大きくて、しかも大きな血管の根本の所なので、無理です。」と言われてしまったそうです。
お母さんは諦めきれず、「では、ほかの可能性はないのでしょうか。」と聞くと、「血管造影剤を使う方法があるが、かなり身体のダメージが大きい。ご主人は体力が落ちているので、このために寿命を縮めてしまうことになるだろう。」という答えだったそうです。
お母さんは「なるべく、痛みを取り除いてあげる治療をしてください。」とお医者さんに頼み、お父さんの看病を続けたそうです。
入院してから、2週間くらいすると、痛みのために眠ることが難しくなってきて、いよいよモルヒネと言う、痛みを取るための薬を使うことになりました。
お父さんはモルヒネを使い始めると、食べたり、排泄たりすると、お腹を圧迫するために、肝臓を圧迫して眠ることが出来ないくらい、痛くなってしまい、食べたり排出したりするのが、難しくなったそうです。
モルヒネを使っているために、だんだんろれつが回らなくなってきて、お父さんとお母さんは、お互いの言葉を理解するのに時間がかかり、言葉のキャッチボールが難しくなったそうです。
だから、簡単な会話、食べたいか、食べたくないか。ほしい物は何かあるか、ないか。それだけしか出来なかったそうです。
お父さんが死んでしまう3日前、お昼頃にお見舞いに行きました。
帰る前に、お父さんから洗濯物を受け取り、「これ。(洗ってきて)」とお父さんは言いました。
私達は、「じゃあまた来るね。バイバイ。」と手を振ると、お父さんも手を振って病室を出ました。
この時の会話が、最後の言葉でした。
私は、覚えていませんが、その日の夕方頃、病院から、お父さんが危篤だと電話が来たそうです。
お母さんは、お父さんのお姉さんに電話をして、病院に行きました。
お父さんは、ナースステーションの隣の集中治療室に移動していて、危険な状態だったそうです。
看護婦さんに「何かあったらこれを押して下さい。」と、ナースコールを教えてもらって、お母さんと、お父さんのお姉さんと、私と弟で、病院に泊りこみでお父さんを見守っていました。
それから3日後の平成9年3月27日の午前4時過ぎに亡くなってしまいました。
入院してから約1ヶ月後、当時、私は4歳2ヶ月。弟は、1歳8ヶ月でした。



第二-4へつづく

トップページ

はじめに

サイトマップ

自己紹介

事件の真相真理について

公開陳述書
最終更新:12月18日

目次

今回の事件のおさらい

最近のニュース

ブーちゃんマンの一言

MASAYAさん達・
(株)ホームオブハートとの出会い

紀藤弁護士・HTPについて

心ある方々のメッセージ集

リンク集

ブログ

MASAYAさん公式サイト

寄付金募集中

これからも、真実を日本中にとどけるべく、寄付金を募集しております。
こちらのメールにてご連絡くださいませ。

または、こちらのバナーをクリックして頂けるだけでも♪です(^ ^)

守谷香 Wanku(わんくぅ) Official Blog Powered by Ameba

CopyRight © 2004-2012 子供達からの声. All rights reserved.
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー