子供たちからの声

このサイトは、紀藤弁護士・HTPのメンバーたちのために、言われもない虐待の疑いをかけられた子供が、
日本中の沢山の人々に真実を伝えるために、立ち上げました。
また、この事件のように法律を利用した事件について考えていくサイトです

Profile
自己紹介

公開陳述書

経緯・おさらい
過去の経緯・まとめ

メッセージ集

LINK
関連サイトリンク集です

メッセージボード
休止中です

サイトマップ

トップページ>公開陳述書

第五-49

98 その後、6月18日と23日にもWさんに会い、調書を完成させました。
事情聴取をしている間、Wさんは口癖のように「この事件に犯罪性はない。」と言っていました。
また、私たちの様子を見て、「この子達は虐待された子供ではない。」ということも、ずっと言っていました。
警察や児相だけでなく、私たちに実際に会い、顔を見、話をした人は皆そう言います。
具体的に、あの紀藤弁護士らが、私達のことをなんて言って通告をしてきたのか、どう告発をしたのかは知りませんが、紀藤らの言う通告や告発で言っていることと、事実は全くかけ離れたものだということは、わかっていただいています。
一時保護所にいた頃は、私たちは完全に拘束された身で、誰を信頼したらいいかわからない状態で、本音をぶつけることなく、過ごしていました。全く虐待などされたことがないのに、虐待された子供としてレッテルを貼られ、日本中の誰もが、私達のことをそう見ているんじゃないか、と思うほどでした。
疑いを晴らすために真実を言うべきか、言わざるべきかという葛藤の中、本音を言いたくても言えない辛さはとても大きいものでした。黒磯警察との事情聴取で、やっとその鬱憤の幾ばくかでも晴らすことができました。初めて思う存分、自分たちに虐待など欠片もないこと、この事件がすべて嘘であること、思いっ切り言ってこれたからです。
警察と検察が出した結果は、「真実が明らかになった」当然の結果です。



第五-50へつづく

トップページ

はじめに

サイトマップ

自己紹介

事件の真相真理について

公開陳述書
最終更新:12月18日

目次

今回の事件のおさらい

最近のニュース

ブーちゃんマンの一言

MASAYAさん達・
(株)ホームオブハートとの出会い

紀藤弁護士・HTPについて

心ある方々のメッセージ集

リンク集

ブログ

MASAYAさん公式サイト

寄付金募集中

これからも、真実を日本中にとどけるべく、寄付金を募集しております。
こちらのメールにてご連絡くださいませ。

または、こちらのバナーをクリックして頂けるだけでも♪です(^ ^)

守谷香 Wanku(わんくぅ) Official Blog Powered by Ameba

CopyRight © 2004-2012 子供達からの声. All rights reserved.
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー