子供たちからの声

このサイトは、紀藤弁護士・HTPのメンバーたちのために、言われもない虐待の疑いをかけられた子供が、
日本中の沢山の人々に真実を伝えるために、立ち上げました。
また、この事件のように法律を利用した事件について考えていくサイトです

Profile
自己紹介

公開陳述書

経緯・おさらい
過去の経緯・まとめ

メッセージ集

LINK
関連サイトリンク集です

メッセージボード
休止中です

サイトマップ

トップページ>公開陳述書

第五-10

34. 私の性格上、こんな辛いことがあっても表面上は平気に、気丈に振る舞ってきました。
親にも打明はしませんでした。
しかし、この一連の嫌がらせが続くことで受けた精神的なショックは相当なものでした。この虐めの事件から数ヵ月後、先ほどお話しした父のガン発見、入院、手術、そして死亡に至っています。
入院している父、看病にあたっている母に、いらぬ心配をかけぬよう、私がしっかりしなきゃという思い一筋で、何とか必死で学校に通っていました。そんな無理をずっとしてきましたから、学校が楽しいとか、行きたいから通っている、そういう状況には程遠いものになりました。
その頃にはもう、学校に行くことの楽しみ・喜びというものより、勉強ができる・できないなど、その比較のために同じ仲間同士でも蹴落とし合う、戦いのようなムードが醸成されていることにうんざりしていました。私への虐めも、こうしたことさえなければ、絶対になかったのです。ならば私が表彰されなければよかった、そうなのでしょうか。それはそうではないと思います。その時には、別に私のような目に遭う人がでたでしょう。誰かはいつも表彰されているからです。誰かはいつも妬み、つまらない思いをする。誰かが出来なかったこと、失敗したことによる反対側のものとして意識されるのだとしたら、その表彰される誰かは、同じ目に遭うのです。でも更に、私が感じたのは、虐めた誰かだけが悪いのではない、ということだったのだと思います。
後に父からもらった絵本から、本当に目から鱗が落ちるように、このことは思うようになりました。

35. 父の死は、それまでずっと、「私がしっかりしなきゃと」、張り詰めていたものが一気に崩れた大きなきっかけでした。
父が亡くなってから、親戚だけでなく、本当に沢山の人たちから「お姉ちゃんがしっかりするんだよ」、「お母さんを支えるんだよ」と言われ続けました。
私は私で、気丈に振る舞い、私がやらなきゃと、その声に答えるように、闇雲に、手伝いをする毎日でした。
でも、私にはもうこれ以上踏ん張り続けることはできませんでした。当時、9歳の子だった私にとって、父がいない疎外感・喪失感は、突如世界が崩れ落ちてしまったように、絶大のものでした。私の友人達も、子供ながらに非常に気遣ってくれて、とてもありがたかったです。でもその気遣いが余計に辛い気持ちを思い出させることになり、大好きな友達と一緒にいることが、それもとても辛いと思うようになりました。
そして学校へはますます行きたくなくなっていきました。



第五-11へつづく

トップページ

はじめに

サイトマップ

自己紹介

事件の真相真理について

公開陳述書
最終更新:12月18日

目次

今回の事件のおさらい

最近のニュース

ブーちゃんマンの一言

MASAYAさん達・
(株)ホームオブハートとの出会い

紀藤弁護士・HTPについて

心ある方々のメッセージ集

リンク集

ブログ

MASAYAさん公式サイト

寄付金募集中

これからも、真実を日本中にとどけるべく、寄付金を募集しております。
こちらのメールにてご連絡くださいませ。

守谷香 Wanku(わんくぅ) Official Blog Powered by Ameba

CopyRight © 2004-2012 子供達からの声. All rights reserved.
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー