子供たちからの声

このサイトは、紀藤弁護士・HTPのメンバーたちのために、言われもない虐待の疑いをかけられた子供が、
日本中の沢山の人々に真実を伝えるために、立ち上げました。
また、この事件のように法律を利用した事件について考えていくサイトです

Profile
自己紹介

公開陳述書

経緯・おさらい
過去の経緯・まとめ

メッセージ集

LINK
関連サイトリンク集です

メッセージボード
休止中です

サイトマップ

トップページ>公開陳述書

第五-30

70 4月12日ごろだったと思います。こんなことがありました。
私と同い年の女の子の一人が、プレイルームのソファーに座って泣いていました。向かいに座った子と保護所の職員さんが話を聞いているようです。
この子は、児童自立支援施設「N学園」へ行くことが決まり、「A学なんか、行きたくない。」と言って、泣いていたのです。その子は私と同い年とは思えないほど、おとなしいし、品のいい子なのに、一体どうしてだろうと疑問に思いました。
当時は、A学園(上記のように、「A学」と言われていました。)が一体どんなところなのか、名前すら知りませんでしたが、この子のことで、保護所にいる子供達は、「A学園なんて、行ったら人生終わり。」「あんなところで青春を潰したくない。」と口々に言い、その子に対して、励ましの言葉や慰めの言葉の他に、「いいか、行ったらすぐに脱走してこいよ!」なんてことを言う男の子までいました。
4月14日、彼女は保護所からいなくなりました。笑顔は見ましたが、果たして彼女は本当に幸せだったのか、彼女の真意はどうだったのか、未だにわかりません。
児童相談所は、たとえ子供本人の意向に反していても、どんなにその子が望まないものだったとしても、強制的にその子の運命を決めてしまうことができる。「実際にその道を歩むのは、児童相談所ではなく子供達なのに、その本人の望み・思いを汲み取ることもしないのだな。」と、この現実を目前で見てしまった私は、改めて今自分が置かれた状況の危うさ、恐ろしさを感じました。
「あの日」から、私達にはまるで違った人生が勝手に描かれているし、今後どんなに書き換えられていってしまうか、まるでわからない。それを自分で決定することができない。その前提となる事実が、全くわかっていない人が決める、としたら・・・。
私は正義が正義として通用しない、事実が事実として通らない現実を、本当に恨めしく思いました。
そして、まったくの非力で、何の力にもなれない自分が、とても悲しくなりました。どうして、当の本人である私達の声よりも、社会的な権威を笠に着た悪人の言うことを「事実」とするのか。
その彼女のこと、私達のことを考えては、この社会は本当に間違っている…、と痛切に感じました。



第五-31へつづく

トップページ

はじめに

サイトマップ

自己紹介

事件の真相真理について

公開陳述書
最終更新:12月18日

目次

今回の事件のおさらい

最近のニュース

ブーちゃんマンの一言

MASAYAさん達・
(株)ホームオブハートとの出会い

紀藤弁護士・HTPについて

心ある方々のメッセージ集

リンク集

ブログ

MASAYAさん公式サイト

寄付金募集中

これからも、真実を日本中にとどけるべく、寄付金を募集しております。
こちらのメールにてご連絡くださいませ。

または、こちらのバナーをクリックして頂けるだけでも♪です(^ ^)

守谷香 Wanku(わんくぅ) Official Blog Powered by Ameba

CopyRight © 2004-2012 子供達からの声. All rights reserved.
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー