子供たちからの声

このサイトは、紀藤弁護士・HTPのメンバーたちのために、言われもない虐待の疑いをかけられた子供が、
日本中の沢山の人々に真実を伝えるために、立ち上げました。
また、この事件のように法律を利用した事件について考えていくサイトです

Profile
自己紹介

公開陳述書

経緯・おさらい
過去の経緯・まとめ

メッセージ集

LINK
関連サイトリンク集です

メッセージボード
休止中です

サイトマップ

トップページ>公開陳述書

第五-23

56 それでは、話を一時保護された日に戻します。私は不安と怒りから、疲れ切っているのに一睡もできないまま、宇都宮市の一時保護所に到着しました。私達がタクシーから降りると、「それじゃ。」と言って伊藤さんはそのままタクシーに乗って帰っていきました。
あまりに呆気なく彼女は帰ってしまったので、ポツンと取り残された私と妹1はとぼとぼと「保護所」と呼ばれる建物の中に入ってゆきました。時刻はもう真夜中の12時を過ぎています。玄関先は真っ暗で、唯一職員室から漏れる光だけが煌々と室内を照らしていました。職員室の戸が開き、保護所の職員さんが出てきて面会室に案内されました。職員さんと嘱託員のお姉さんから、保護所での暮らし、時間割などについて、説明を受けました。
「ここは、虐待されたり、家出をするなどの、ちょっとお家に問題がある子供達が来るところよ。」という説明を聞いて、私はとんでもないところに来てしまった。こんなところに長居は無用。早く帰らないといけないという思いが強くなりました。
携帯電話まで預けなくてはならないと知り、母やぶたママさん、MASAYAさんと連絡が取れなくなると思った私は「トイレに行きたい。」と言って、面会室を出て、私の母・ぶたママ社長さん宛にメールを打ちました。
内容は、[今保護所へつきました。携帯が使えないようです。(預けなくてはならない)早く帰りたい…]と、とても短いメールですが、せめてこのメールで私達の様子を知り、恐らく今も泣き腫らしているだろう彼女に、直接連絡が取れなくなってしまうこと、そして、私の精一杯の気持ちを知らせて、少しでも安心してくれたら、という思いで送信しました。

57 トイレから戻り、私は携帯電話と財布を施設の人に預けました。そして、着ている洋服をパジャマに着替えさせられ、服も預けさせられました。身長と体重を量り、保護所での服装(ジャージ2着・パジャマ1着・その他タオルやブラシ類)を手渡されたあと、「お風呂、どうする?」と聞かれましたが、心身ともにくたくたで、もうこれ以上誰とも関わりたくない、誰の顔も見たくない、誰とも話したくないという精神状態でしたので、断りました。
そして私と妹1は居室へ案内されました。居室の広さは、大体畳8畳ぐらいだったと思います。すでに中学生の女の子が4人ぐらい寝ていたので、足の踏み場もない状態でした。妹1はすぐに布団にもぐり、まるで死んだように眠ってしまいました。

58 私もへとへとに疲れていましたので、バタリと布団に倒れこみはしましたが、なかなか寝付けず、今日起こったことを冷静に順に思い出してみました。マスコミが大騒ぎで取材をしていたけれど、ぶたママさん達は無事に帰っただろうか、妹1以外の子供達はどうしているんだろう、MASAYAさんや、スタッフのみんなはどうしているだろうか、母は無事に那須に来れたろうか、この先、私達は一体どうなってしまうのだろうか、一体自分たちの身に何が起きたんだろうか、と考えているうちに、疲れで眠ってしまいました。



第五-24へつづく

トップページ

はじめに

サイトマップ

自己紹介

事件の真相真理について

公開陳述書
最終更新:12月18日

目次

今回の事件のおさらい

最近のニュース

ブーちゃんマンの一言

MASAYAさん達・
(株)ホームオブハートとの出会い

紀藤弁護士・HTPについて

心ある方々のメッセージ集

リンク集

ブログ

MASAYAさん公式サイト

寄付金募集中

これからも、真実を日本中にとどけるべく、寄付金を募集しております。
こちらのメールにてご連絡くださいませ。

または、こちらのバナーをクリックして頂けるだけでも♪です(^ ^)

守谷香 Wanku(わんくぅ) Official Blog Powered by Ameba

CopyRight © 2004-2012 子供達からの声. All rights reserved.
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー