子供たちからの声

このサイトは、紀藤弁護士・HTPのメンバーたちのために、言われもない虐待の疑いをかけられた子供が、
日本中の沢山の人々に真実を伝えるために、立ち上げました。
また、この事件のように法律を利用した事件について考えていくサイトです

Profile
自己紹介

公開陳述書

経緯・おさらい
過去の経緯・まとめ

メッセージ集

LINK
関連サイトリンク集です

メッセージボード
休止中です

サイトマップ

トップページ>公開陳述書

第五-38

84 5月25日、TNケースワーカーが保護所にやってきました。
やっと今後についての話がついたとのことです。
私・妹1・シャーマンは順番に一人ずつ呼ばれました。私達は「やっと帰れる!」と喜びました。
しかし、そこで伝えられたのは、私達がずっと待ち望んでいた結果ではありませんでした。

待ち受けていたのは、この2ヶ月間ずっと恐れていた、最悪の結果報告でした。

TNケースワーカーの言った言葉は、「ホームオブハートには、帰れない。」という一言でした。
私は、唖然としました。
なぜ、こうなってしまうのか。信じられませんでした。
「どうして?!」という私にTNケースワーカーは黙って、4つ折りにたたまれた紙を取り出し、上から開きながら、説明を始めました。
今でも、この時の光景はありありと目に浮かびます。
一番上に「ホームオブハートには帰れない。」とかかれており、「これからは、前のようにホームオブハートで暮らすことは出来ない。という風に決まったんだよ。」と、紙を指さしながらTNさんは話し始めました。そこで紙を開くと、そこには

1.母が株式会社ホームオブハートを退職し、アパートを借りて、暮らす。
母自身は別の就職先を探すことになる。そして、適応指導教室に通い、週に一度程度、県北児童相談所に来ることになる。
2.児童自立支援施設「A学園」に入園する。A学園は全寮制で施設内の学校に通うことになる。なお、母は株式会社ホームオブハートを辞める必要は無い。
3.里親・祖父母のもとで暮らす

といった、3者択一のことが書かれていました。TNケースワーカーは、次のように言いました。
「1は、あまりおすすめできない。なぜなら、母に対する負担(退職して一から職探し・私達の養育費・経費などの負担)が大きい。そして学力的な伸びが期待できない。「適応指導教室」とは、要は「所詮フリースクールであって学校ではない」という懸念がある。2は、学力的にも将来的にもお勧めしたい。施設内に学校があり、専属の教師もいる。たとえるなら…マラソン選手が山篭りをして体を鍛えるようなもので、一般的な暮らしから離れ、勉強に集中できる。就職したくなったら、職場について・専門学校についてなどのサポートも可能だ。3は、内容的には1と同じで、お母さんの代わりに祖父母か、里親のもとで暮らすことになる。1と比べたら3のほうがいいが、やはり、2が一番おすすめだな。」と、説明をしました。
私は、すぐにも反論したい、悔しい思いを抑えながら、シャーマンの措置はどんな内容なのか聞いてみました。
私や妹1と大体、内容は同じとのことでした。
そして、「5月の31日までに、自分はどの道がいいか、決めておいてほしい。31日に聞きに来るから。でも、100%ブーちゃんマン達が決めた方向に進むとは思わないでほしい。」
と言うTNさんに、「それって…、私達がどんなに嫌な方向でも、決まってしまったことは、変えられないのですか?」というと、黙ってうなずきました。
やっぱりだ…と私は愕然としました。最後に、「A学園について、興味があるなら28日に見学に行けるけど、どうする?」と聞かれた私は、「A学園に行く気はかけらもないです。でもとりあえず見てみます。」と答えました。
私たちには完全に打つ手がなく、児童相談所に完全に運命を握られていました。
私は、これまでの苦労を、すべて蔑ろにされた悔しさで一杯で、こうなったら、この先どんな手を使ってでも私たちは家に帰るんだ。という決意に変わりました。
もし本当に、A学園行きが決定したら、(今、A学園にいる方には申し訳ないのですが…はっきりと気持ちを書きます。)私たちは間違いなく、気が狂うに違いありません。
だって、私達は、事実無根のことで、保護所に連れ込まれた挙げ句に、この地域のことをよく知っている、私と同年代の子供達が、「あんなところに連れて行かれたら青春終わり」、と口々に言って、恐れている施設に入れらそうになっているからです。
しかし、TNさんがあれほどA学園を推奨するのだから、もしかしたら、もうすでに私たちに選ぶ余地など、残されていないのかもしれません。(実際に、5月のはじめには母達に「強制的に連れて行く」という通知が来ていたそうです。しかし、そんな最低最悪の状況は完全に覆り、私達が強制的に施設へ連れて行かれることはなくなったそうです。完全に審議会が決めていた結果を誰がどうやって覆したのか…もうお分かりだと思いますが…後述します。)
とりあえず、見学に行くことで本当にA学園行きになったときの心構えと、他の子供達が言うように「脱走」することで、家に帰れるかもしれないと、私は、子供達の運命を握る、最後の窮地にとても頭を悩ませました。
そんな葛藤の末、まずはA学園とやらを一応見てみること、その上で私たちが、いかに事実無根か、こんなところに連れ込まれること自体、失礼甚だしいことかということを、児童相談所の人間に思い知らせてやるという決意を固め、ひとまず、A学園の見学に行くことをOKしました。



第五-39へつづく

トップページ

はじめに

サイトマップ

自己紹介

事件の真相真理について

公開陳述書
最終更新:12月18日

目次

今回の事件のおさらい

最近のニュース

ブーちゃんマンの一言

MASAYAさん達・
(株)ホームオブハートとの出会い

紀藤弁護士・HTPについて

心ある方々のメッセージ集

リンク集

ブログ

MASAYAさん公式サイト

寄付金募集中

これからも、真実を日本中にとどけるべく、寄付金を募集しております。
こちらのメールにてご連絡くださいませ。

または、こちらのバナーをクリックして頂けるだけでも♪です(^ ^)

守谷香 Wanku(わんくぅ) Official Blog Powered by Ameba

CopyRight © 2004-2012 子供達からの声. All rights reserved.
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー