子供たちからの声

このサイトは、紀藤弁護士・HTPのメンバーたちのために、言われもない虐待の疑いをかけられた子供が、
日本中の沢山の人々に真実を伝えるために、立ち上げました。
また、この事件のように法律を利用した事件について考えていくサイトです

Profile
自己紹介

公開陳述書

経緯・おさらい
過去の経緯・まとめ

メッセージ集

LINK
関連サイトリンク集です

メッセージボード
休止中です

サイトマップ

トップページ>公開陳述書

第五-41

87 5月29日、私はA学園から帰ってから、ずっと気分が悪く、何をするにも力が入りませんでした。
気分的な落ち込みもあったのでしょうがあまり調子が悪いので、体温を測ってみたら、37度で微熱が出ていました。元来、私は風邪を引いても熱をあまり出さない体質だったので、昨日の疲れと、この2ヶ月間に渡る精神的ショックが重なったためでしょうか。頭がボーっとしてしまい、体も思うように動きませんでした。それでも、昨日訪問したA学のことが頭を離れず、頭の中では休みなく、MASAYAさんや、ぶたママさん達のもとへ帰るために、私はどのような道を歩めばいいのかと考え続けました。

88 5月30日、ついに私の熱は38度まで上がってしまいました。普段熱を出したことのなかった私は、もう意識が朦朧としてしまうほどの状態でした。
さすがに、熱にはかなわず、妹1が熱を出したときのように、急いでタクシーを呼んでもらい、保護所の先生の付き添いの元、病院へと向かいました。向かった先は、U病院でした。そこはなんと、下の妹が保護されている乳児院の真隣にある病院でした。
タクシーの中で、保護所の先生が「ブーちゃんマン、あそこは下の妹ちゃんがいる乳児院だよ。」と言い、私はハッとして窓の外を眺めました。窓の外は、建物が立ち並び、那須とは全く違う都会の風景が広がっており、その中のひとつの建物に大きく「乳児院」と書かれているのがわかりました。下の妹はどこ?と、目をこらしましたが、タクシーからでは中の様子を見ることは出来ません。病院に到着しましたが、タクシーの運転手さんが入り口の場所を間違えてしまったため、私は保護所の先生に手を引かれて、病院の入り口まで歩いていきました。
この日、ものすごい真夏のような暑さの日で、5月とは思えないような強い日差しが照っていましたので、私も先生も汗だくになって歩きました。私は高熱で意識は朦朧とする上、頭もガンガンと痛み、もう自分がどこでどうなっているのか、さっぱりわからない状態でした。診察を受け、薬を貰って保護所に帰ってくる頃はもうフラフラで、一体どうやって保護所の2階の居室まで歩いていったのか、まったく覚えていません。

こう書くと、私はまるで病弱な子供のように思われるかもしれません。しかし、この事件が起こるまでは、とても健康優良児でした。どんなに寒かろうが、暑かろうが、まったく心配無用で、ごくたまに風邪をひく程度でした。しかし、今回の事件で受けた精神的なダメージは、相当なものでした。これまで、家族のように一緒に暮らしていた人達から、無理矢理引き離され、可愛がっていた妹達と引き離され、その上、虐待された子供というレッテルを貼られ、囚人のように閉じ込められたのです。
こんなひどい目に遭って、平常でいられるわけがありません。気がつくと、居室で休んでいる私の枕元に、妹1とシャーマンが座り、不安そうに私の顔を覗き込んでいました。薬のおかげで、だいぶ楽になった私は、明日、TNケースワーカーにする返事について、話し合いました。

私達の答えは、既に決まっていました。それは、母のもとで暮らすこと。これしかない、という答えです。私達の運命を決める児童相談所は、私達の気持ちなど、かけらも汲んでくれない、ということを、私達はこの2ヶ月間散々思い知らされました。
どんなに言っても、何も伝わらなかった、この虚無感は絶大なものでした。それでも、私達は、自分達の本当の思い、それを貫くことが、私達の唯一の武器でした。なぜならそのおかげで、保護所の先生達は、私達のことをわかり、応援してくれるようになったからです。

万一、A学園行きになった場合は、前々から脱走できる場所として見繕っていた塀をよじ登り、皆で脱走して、何としてでも母達のもとに辿り着くことを、真剣に約束し合いました。子供じみていると笑われるかも知れません。でも、静かに大人の話を聞いている内に刑務所に入れられそうになっている私達にとっては、正に背水の陣でした。
あの弁護士の、事件のための馬鹿げた思いつきのような事件のために、私達の幸せを奪われる、そんな辱的な結末にされてしまうことを避けるためなら、何だってする!それぐらい、私たちは必死でした。



第五-42へつづく

トップページ

はじめに

サイトマップ

自己紹介

事件の真相真理について

公開陳述書
最終更新:12月18日

目次

今回の事件のおさらい

最近のニュース

ブーちゃんマンの一言

MASAYAさん達・
(株)ホームオブハートとの出会い

紀藤弁護士・HTPについて

心ある方々のメッセージ集

リンク集

ブログ

MASAYAさん公式サイト

寄付金募集中

これからも、真実を日本中にとどけるべく、寄付金を募集しております。
こちらのメールにてご連絡くださいませ。

または、こちらのバナーをクリックして頂けるだけでも♪です(^ ^)

守谷香 Wanku(わんくぅ) Official Blog Powered by Ameba

CopyRight © 2004-2012 子供達からの声. All rights reserved.
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー