子供たちからの声

このサイトは、紀藤弁護士・HTPのメンバーたちのために、言われもない虐待の疑いをかけられた子供が、
日本中の沢山の人々に真実を伝えるために、立ち上げました。
また、この事件のように法律を利用した事件について考えていくサイトです

Profile
自己紹介

公開陳述書

経緯・おさらい
過去の経緯・まとめ

メッセージ集

LINK
関連サイトリンク集です

メッセージボード
休止中です

サイトマップ

トップページ>公開陳述書

第五-5

23. 病室に入ると、そこでは担当のお医者さんと看護婦さんがいて、父を診ていました。
ベッドに寝ている父は、病室に入ってきた私たちに気づき、顔を向けました。
母が話しかけると父は何の変わりもなく頷き、話もしていました。一見、元気そうな父でしたが、父の手を見ると真っ白で、触ると冷たくなっていて、まったく動きませんでした。
そんな父をひっきりなしに診る先生の顔は険しく、看護婦さんに次々と指示をして、父の周りには様々な器具が配置されてゆきました。
暫くして祖父母と父の姉が到着し、皆で父の最期を看取ることになりました。死んでゆく顔なのに、その顔はあまりにも嬉しそうな笑顔でした。
母は「何か、言いたいことはないの?」と父に問いかけました。「いや、もう何もないよ。」父は笑顔で答えていました。私と妹1は、どうにかしてこの冷たくなってしまった父の手を温めようと、必死で手を握り、さすっていました。
私は、奇跡が起これば・・、魔法が使えれば・・、どうか先生の薬が効いてくれば・・、今ここにいる皆の思いが伝われば・・、こんなことはどうか夢であってほしい、神様仏様どうか助けて、と藁にも縋る思いで、涙を堪えながら必死で手を握り締めていました。父は、最期まで目を開けたままでした。いつ死んでしまったのか、全くわかりませんでした。

まるで時が止まってしまったように思いましたが、先生が父の胸に聴診器を当て、腕時計の時刻を見て、初めて父が死んだのだということがわかりました。午後7時40分頃でした。
母方の祖母は「もういいよ、お父さん。目を閉じて。ゆっくり休んで下さい…。」と言いながら父の目に手を当てて居ました。
父方の祖母は人が変わったようにおいおいと泣きはらし、父の遺体にすがって「本当に立派だった…強い子だった…気持ちの良い子だった。よかったね、やっと楽になれて。本当によかったね。」と言っていたのが、印象に残っています。私はといえば、目の前で父が死んでしまったという信じられない現実に、唖然としているばかりでした。
どうして、お父さん死んでしまうの、あんなに元気だったのに。一緒にコンサートに行こうって約束したのに。と、溢れる涙を止められませんでした。
これで、病院でお父さんにしてやれるお手伝いは最後と、私と妹1は泣きながら、父の身体を拭いたり、母が家から持ってきた、一番父に似合っていたポロシャツとジーンズに着替えるのを手伝いました。
旅立つ父に着せてあげた服が白装束ではなかったことが、今思えば唯一の救いです。
なぜなら、死んでしまっても、いつもの父でいてくれた、それも一番父が気に入っていた、一番かっこよかった父の姿でしたから。
今にも「ああよく寝た!」と言って、起き上がってきそうなほどの、いつもの父の姿でした。

24. しかし、現実は、どんなに願おうが、どんなに泣こうが、父はもう帰ってきません。
父は病室から、病院に来た霊柩車へと移されました。母と祖母、叔母さんも一緒に霊柩車に乗り、福島へと出発しました。
父の車を追って、私と妹1、母方の祖父母も福島へと向かいました。父が亡くなったのは新潟の病院なのに、どうして、わざわざ福島へ向かうことになったかについては、またあとでお話ししたいと思います。
福島の祖母の家に到着し、和室に静かに横たわっている父のところに、私は何度も何度も近づいて、本当に死んでしまったのかしら、気を失っているだけではないかと、諦め切れずに様子を見にいきました。
しかし、父はもう近寄ってきた私のことに気づきません。私は仕方なく部屋を出るしかありません。

翌日から、母と祖母は父の訃報を聞きつけて、駆けつけた人たちの応対に追われ、一日中バタバタと慌ただしくしていました。
私も、父が死んでしまった今、私がしっかりしなきゃと、お客さんにお茶を出したり、お菓子を用意するなど、母と祖母の手伝いを一挙に引き受けていました。
そんな応対をしている私の姿を見た親戚の人たち、父と親しい人たちは、「お姉ちゃんは、しっかりしてて偉い子ね。」、「お母さんのことを、これからも支えていくんだよ。」と、口々に私のことを褒めてくださいました。
でも、大好きな父が死んでしまったショック、悲しさに、何も言えませんでした。
ますます、私が支えるんだと、必死になるようになり、父にしたような喜びからお手伝いをしていたのではなく、私がやらなきゃという義務感から、お手伝いをしていたように思います。



第五-6へつづく

トップページ

はじめに

サイトマップ

自己紹介

事件の真相真理について

公開陳述書
最終更新:12月18日

目次

今回の事件のおさらい

最近のニュース

ブーちゃんマンの一言

MASAYAさん達・
(株)ホームオブハートとの出会い

紀藤弁護士・HTPについて

心ある方々のメッセージ集

リンク集

ブログ

MASAYAさん公式サイト

寄付金募集中

これからも、真実を日本中にとどけるべく、寄付金を募集しております。
こちらのメールにてご連絡くださいませ。

守谷香 Wanku(わんくぅ) Official Blog Powered by Ameba

CopyRight © 2004-2012 子供達からの声. All rights reserved.
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー