子供たちからの声

このサイトは、紀藤弁護士・HTPのメンバーたちのために、言われもない虐待の疑いをかけられた子供が、
日本中の沢山の人々に真実を伝えるために、立ち上げました。
また、この事件のように法律を利用した事件について考えていくサイトです

Profile
自己紹介

公開陳述書

経緯・おさらい
過去の経緯・まとめ

メッセージ集

LINK
関連サイトリンク集です

メッセージボード
休止中です

サイトマップ

トップページ>公開陳述書

第五-6

25. 父の葬儀は、福島県の葬儀屋さんで行われました。
お葬式のBGMには、父が生前一番気に入っていた、MASAYAさんの「森と風の旅人」、「風にふかれて」、「Sweet Farewell Melodies」などを式場の方に流してもらいました。
生前、父はMASAYAさんの音楽を、「どれが一番いいか、選べない。どの曲も本当にすばらしい。」と、母にしみじみと言っていたそうです。
その中でも、特に気に入っていたのは、「森と風の旅人」「遥かなる道」「Sweet Farewel Melodies」でした。
父が聞くことが出来た、MASAYAさんの最新のアルバムだった「Sweet Farewell Melodies」は、「特に最初の4曲が素晴らしすぎる。」と言って、ずっとCDプレイヤーで聞いていたそうです。
この「Sweet Farewell Melodies」は、平成9年4月25日に、父と同じスキルス胃ガンで亡くなられた、松田賀江さんに捧げる詩として、MASAYAさんが作ったアルバムです。同じ状況下にいた父には、誰よりもその詩が心に深く響いていたことと思います。
葬儀で、その曲を流し、MASAYAさんの音楽にのせて、父を見送れたことは、私達が父に出来る、精一杯のお見送りだったと、思います。葬儀には、父の勤務先の会社の方々にも沢山来ていただきました。
皆涙を流して、父の死を悲しんでいました。とても印象に残ったのは、父の会社の方を代表して、多分一番父と親しかった方だと思いますが、その方が、「どうして君が先に逝ってしまうんだ。君が抜けてしまった穴はどうやって埋めたらいいのか」と、おいおいと泣きながら弔辞を読んでいる際に、生前の父が一番大好きだった「森と風の旅人」が流れ、「この地球をパラダイスにしたい。」、「僕が扱っている研究材料は、砂漠の緑地化に使えると思う」と、夢を語っていた父の姿が目に浮かんで、夢を叶えきれなかった、父の無念さ、会社の方々の無念さが伝わってきました。
私は堪えきれず、わんわんと泣いてしまいました。
父が大好きだった、「森と風の旅人」と「すべての中に君を見ている」の詩を記しておきたいです。
この詩を読んでいただければ、この詩を愛した父の思い、この詩を生み出したMASAYAさんの思いが伝わると思います。

森と風の旅人
すべての中に君を見ている



第五-7へつづく

トップページ

はじめに

サイトマップ

自己紹介

事件の真相真理について

公開陳述書
最終更新:12月18日

目次

今回の事件のおさらい

最近のニュース

ブーちゃんマンの一言

MASAYAさん達・
(株)ホームオブハートとの出会い

紀藤弁護士・HTPについて

心ある方々のメッセージ集

リンク集

ブログ

MASAYAさん公式サイト

寄付金募集中

これからも、真実を日本中にとどけるべく、寄付金を募集しております。
こちらのメールにてご連絡くださいませ。

守谷香 Wanku(わんくぅ) Official Blog Powered by Ameba

CopyRight © 2004-2012 子供達からの声. All rights reserved.
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー