子供たちからの声

このサイトは、紀藤弁護士・HTPのメンバーたちのために、言われもない虐待の疑いをかけられた子供が、
日本中の沢山の人々に真実を伝えるために、立ち上げました。
また、この事件のように法律を利用した事件について考えていくサイトです

Profile
自己紹介

公開陳述書

経緯・おさらい
過去の経緯・まとめ

メッセージ集

LINK
関連サイトリンク集です

メッセージボード
休止中です

サイトマップ

トップページ>公開陳述書

第3-4

7 それから私は毎日、口癖のように「学校って何で行かなくちゃいけないの?」と問い続けましたが、お母さんの答えが変わることはありませんでした。
しかし、学校では、いじめがなくなるどころか、エスカレートしていくばかりです。私は、『もう、我慢の限界だ!!』と思い、4年生の一学期くらいの頃に、「私、学校になんか行きたくない!!学校を辞めたい!!」と言いました。
お母さんは「だから、そんなの出来るわけないでしょって言ってるでしょう!!何回言わせれば気が済むの!学校には行きなさい!!」と怒鳴りました。
私は泣きながら、「だって、学校に行きたくないんだもん。学校に行かない!お母さんはシャーマンのことを愛していないの??!!」と言っても、「皆も行ってるでしょ!!」と、怒鳴り返され、私の気持ちなんて、ひとつもわかってくれませんでした。

次の日、もう一度お母さんに「学校行かない!!ぜっったいに行かない!!」と叫びました。
お母さんは顔を真っ赤にし、口をへの字に曲げ、「いいかげんにしろ!!行かなきゃ行けないものは行かなきゃだめって言ってるでしょ!!そんなシャーマンちゃんなんて、大嫌い!!」と怒鳴りました。
何にもわかってくれない、聞いてもくれないお母さんに呆れ返った私は、「もう!!分かったよ!!!!もう、いいよ!!」と、そっぽを向きリビングで泣きじゃくりました。
もうどうにもならないぐらい、カンカンに怒っていた私は、『やっぱり行きたくない!!』と、立ち上がって、台所に立っているお母さんの所へ行き、もう一度「お母さん、やっぱり学校に行きたくない。」と言いました。
ですが、お母さんは変わらず、「まだ言ってるの!?学校には行きなさい!」と答えます。

8 『何で私の気持ちを分かってくれないの!?』私の思いを、全くわかってくれないお母さんに腹を立てた私は、「お母さんは、シャーマンの気持ちをちっとも分かってない!!」と叫んで、お母さんの横にある扉にとびつき、包丁を取り出して、お母さんにつき付けました。

「お母さんなんか、殺してやる!!」

私はお母さんを、睨み付けました。
ふと気がつくと私の後ろには、弟が立っていました。
お母さんは、ビックリした顔で呆然と立ちすくんでいました。
しばらくしてお母さんは、目に涙を一杯ためて、「ごめんね。シャーマンちゃんが刺したかったら刺していいよ。」と悲しそうに言いました。

私は、ショックでした。

まさか、お母さんがそんなことを言うなんて、信じられませんでした。

もっと怒られると思ったのに…。

『お母さんに悪い事をしたな。お母さんも、学校に行きたくないと言っている私達に悩んでいるのだな。』と、初めて気が付きました。
私は「お母さん、ごめんなさい。」と言って、包丁をお母さんに渡しました。お母さんは、包丁を受け取って、包丁入れにしまった後、私と弟を抱きしめてくれました。
「シャーマン、ごめんね。辛い思いをさせて。K、ごめんね。寂しかったね。ごめんね。」

この時初めて、私は涙があふれて、止まりませんでした。

第三-5へつづく

トップページ

はじめに

サイトマップ

自己紹介

事件の真相真理について

公開陳述書
最終更新:12月18日

目次

今回の事件のおさらい

最近のニュース

ブーちゃんマンの一言

MASAYAさん達・
(株)ホームオブハートとの出会い

紀藤弁護士・HTPについて

心ある方々のメッセージ集

リンク集

ブログ

MASAYAさん公式サイト

寄付金募集中

これからも、真実を日本中にとどけるべく、寄付金を募集しております。
こちらのメールにてご連絡くださいませ。

または、こちらのバナーをクリックして頂けるだけでも♪です(^ ^)

守谷香 Wanku(わんくぅ) Official Blog Powered by Ameba

CopyRight © 2004-2012 子供達からの声. All rights reserved.
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー